<< 勧酒 于武陵 | main | crybaby >>

瞬く間に日常が

0

    過ぎてゆく。

    キンプリの三作目が今晩24時から公開だ。

    オタキサンがくれた「31スタンプカード」で見た映画リストを付けていたのでたまたま思い出せたが、

    舞台挨拶付きのイベントや試写会に、結構行っている。

    でも思い出せない。

    記憶のトリガーを残していないものは、脳内から消えていく。

    特別な思い出だと感じていたものですら霞んでいく。

    娯楽を積み重ねていくことに醍醐味を感じていて、

    それで何かが豊かになると信じていた。

    私の人生が彩られると信じていた。

    思い出せない何かを積み重ねていくことに意味はあるのか?

     

    楽しいことを目いっぱいしたい、というのは

    一日一日に重みがあり楽しいことが貴重だった時代の願望で、

    私は人生の指針を変更するべき段階に来ているのではないか。

     

    朝起きて出社してダラダラ仕事をしていたら

    いつのまにか夜になって、家帰ってもダラダラして、早く眠りたいなと思う毎日。

    一日が瞬く間に過ぎていく。

    そこに投げ込む「過去の自分がうらやんでいた楽しいこと」は、

    今の私にとっては単なる小さな刺激の一つにすぎないのかもしれない。

    若い頃に作った「刺激的で楽しいこと」の物差しを使い続けてきたけど、

    いつの間にかその物差しが私の体に合わなくなっているのかも。

     

    変わり続けることは仕方がないことなのか。

    変わらないといけないのか。

     

    過去の自分が羨んでいた刺激的なことが

    あまり刺激的でなくなっている自分、

    それは若い頃に見た「つまらないものを好む大人」の姿そのもので、

    少し寂しい。

     

    ただ、その「つまらないもの」がつまらなくなくなったことで、広がった世界はある。

    若いころはそれを「老化」と思い込んでいたので、

    まだ受け入れにくいのだけど。

     

    あ、全部娯楽についての話。

    人世における成長、みたいな話ではなく、

    娯楽…つまり余暇の話。

    趣味以下の、娯楽の話。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.11 Sunday
      • -
      • 10:13
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM