<< DJパーティの記録 | main | 課題がたくさん >>

映画見ている

0

    最近はもっぱらパソコンに張り付いて単純作業をしている。

    締切のある仕事なので真面目に手は動かしているが脳は留守でも大丈夫。

    お笑い芸人のラジオが聞きたい周期でなくなったので

    アマプラで映画を見ている。

     

    ・リング

    何故見ていなかったのだろう。

    驚くほど面白かった。

    納得いかない部分もそれは確かにある。

    急に脅かすような仕掛けはなく、ひたすら雰囲気が怖かった。

    ずっと不穏な空気で視聴者を不安にさせ続けて、

    終盤にどーんと恐怖のピークを持ってくる。

    すごかったな。有名なシーンでよかった。

    見慣れていたからなんとかビビらずに済んだけど、所見だったら叫んでたかも。

    終わりも良かった。

     

    ・らせん

    小説の内容をもはや覚えていないけど、見終えてと同じような感覚になった。

    あ、こんなかんじ…?

    うそ、こんなキャラだった…?

    序盤の体を開かれたまま起き上がる真田広之の赤の鮮やかさが目に焼付いた。

     

    ・残穢

    何度見ても面白いな!これもちょうど良いんだよな!

    こわいけど目を覆うような怖さはなく、

    ずっと不穏な気持ちになる。

    爽やかに終わらないところも良い。

     

    ・ペットセメタリー

    血みどろだしゾンビものと言える内容なので腹がうぐうぐする。

    たまたま助けた(助からなかったけど)脳みそ出てる少年が親切すぎて笑う。

     

    ・シャイニング

    これも、ギャッと驚くような恐怖はないけど

    不穏な気持ちになるので心地よいのだと思う。

     

    ・ロリータ

    毒親かつ束縛彼氏という最悪な男が主役でひたすら嫌悪感。

    でも面白く観れた不思議。

     

    ・2001年宇宙の旅

    あああーもう博士の異常な愛情がみたいんだよー!!

    と思いながらこのへんは見ている。

    作られた年代に思いを馳せたら圧倒的な映像美。

    話はよくわからない。


    ・ゴジラ(最初の)

    思ってた以上にシリアスで暗い展開だった。

     

    ・シン・ゴジラ

    映画館で見て以来だけど、専門用語でワクワクするし

    出てくる人全員が自分のなすべきことを一心にやっているので感動する。

     

    ・怪物園

    昔こういう映画があった、ということは何かのきっかけで知ってはいたが

    まさかアマプラにあるとは。

    嫌なやつが復讐される、というなんともまっとうなストーリー。

    嫌悪感を煽るグロテスクなシーンは一切ないのに

    登場人物たちのビジュアルがショッキングなので

    常になにか脅かされているような気持ちで見た。

    主役の2人が小人症?で可愛いので和む。

    その分、復讐シーンが恐ろしい。

    心のどこかで私も「この人達には成人男性のような力も知性もない」と侮っていたのでは?と考えてしまった。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.11 Sunday
      • -
      • 12:41
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM